スポンサーリンク

【読みたいことを、書けばいい。】を買ってみた!!おすすめ本の紹介!!

スポンサーリンク
おすすめ本
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

先日、林先生の番組で今売れている本を紹介していたので、興味があって買ってみました。

著者は田中泰延タナカヒロノブ氏。元電通に努めていて、コピーライターをしていたという経歴。

その他映画の評論も書いています。そのwebページは、累計200万を超えるほど読まれています。

すごく興味があったので買ってみました。買ったのは、kindle版です。↓↓↓

Amazon.co.jp: 読みたいことを、書けばいい。 eBook: 田中 泰延: Kindleストア
Amazon.co.jp: 読みたいことを、書けばいい。 eBook: 田中 泰延: Kindleストア

単行本(ソフトカバー)の方です。電子書籍は嫌だという人はこちら↓↓↓


読んでみた感想

書き出しから面白く、今まで読んできた「文章術」みたいな本と同じだと思って買うと失敗します。(笑)

この本を読んでどう捉えるかは、人それぞれですが、良い意味で今まで勉強してきた逆を行くというか、新しい考えが一杯詰まっているというか。

実際、私はブログを3つ運営していますが、今書いているブログ(https://maitano.link)に関してなかなか筆が進みません(涙)

この本の序章の中で、

なによりわたし自身に向けて書かれるものである。すべての文章は、自分のために書かれるものだからだ。 出典元:(読みたいことを、書けばいい。)より

そう、書くということの喜びを忘れていました。

私がブログという物を始めたのが5年前になります。(違うブログでね)

当初は、書きたくて始めましたが、2年ほど前にアドセンスに合格して、今年(2019年2月頃)アフェリエイトも始めました。
そうなってくると、だんだんと目的が変わり、なかなか筆が進まない状態になってしまった。

この本を読んで、このブログは自由に書いていこう、方向転換しようと思います。

もちろん、アドもアフェもつけますが(笑)

後の本の内容は、買ってみてくださいね!!

Amazon.co.jp: 読みたいことを、書けばいい。 eBook: 田中 泰延: Kindleストア
Amazon.co.jp: 読みたいことを、書けばいい。 eBook: 田中 泰延: Kindleストア


あと、私は比較的本が好きなので、本のご紹介記事も増やしていこうと思っています。

まとめ

ブログをやっていて、書くのが進まない方や書くことの初心を忘れている方にもおすすめですよ!!

世の中に自分の意見を自由に表現してみてはどうでしょうか!?書けなくて苦しい思いをしているよりもよっぽど楽しいですよ!!

最後に宣伝

最後に少し宣伝をさせてください(笑)

僕が本を読む時のツールです。非常に快適な物とサービスです。使うとかなりお得ですよ!!

まずは、こちらに入るといろいろなサービスが受けられるので必須です。

https://amzn.to/33M3k7T

年間4,900円なので、あっという間に元が取れちゃいます。

prime videoで映画が見れたり、Amazon musicで音楽が聞けたりします。prime readingでは、本や雑誌、漫画が見れたりします。 その他、送料無料になったりといろいろなサービスを受けられるようになります。

ぜひ入ってみてください。

そして本を読むには、こちらが最適ですね↓↓↓

bit.ly

一つ前の型ですが、目が疲れづらいので、良きです☆

Kindle端末

(左がKindle Paperwhite、右がKindle fire タブレット10)

Kindle fireタブレット10もタブレットとして良いですよ!!↓↓↓

Amazon.co.jp: Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載: Kindleストア
Amazon.co.jp: Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載: Kindleストア

持ち運べるタブレットとして使いたい場合はこちらがおすすめ↓↓↓

Amazon.co.jp: Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載: Kindleストア
Amazon.co.jp: Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載: Kindleストア

 

性能はそこまで高くないので、ipadなどと比較すると撃沈します(死亡)

あくまでも、動画を見る、本を読むなどの用途で使われると幸せです☆

本が好きな人は、ぜひどうぞ☆

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました